2009年06月25日

アンチヒーローの魅力☆

『勝手にしやがれ』('60・仏)


この作品で、これまでのフランス映画のイメージは完全に払拭されたと思います。

原案、フランソワ・トリュフォー。監督、ジャン・リュック・ゴダール。
手持ちカメラでの撮影、即興の演出、ドライな描写が新鮮で、その後のアメリカン・ニューシネマにも多大な影響を与えたヌーヴェルヴァーグの記念碑的傑作。

主人公ミシェル(ジャン・ポール・ベルモンド)の刹那的な生き様、アンチヒーロー像は、男性にとってかなり魅力的に映るのではないでしょうか?

6月25日、パリのシャンゼリゼ通りでNYヘラルドトリビューン誌を売るアメリカ人留学生パトリシア(ジーン・セバーグ)は、ミシェルと会う。
彼は車の常習窃盗犯で、マルセイユから警官の追跡を振り切って逃げてきていた。
二人は一晩過ごした後、ミシェルは彼女をイタリア旅行に誘うが、翌日、彼女は警察に密告してしまう。

ラスト、警察の発砲に倒れ、『最低だ』とつぶやいてタバコをふかし、自身の手で瞼を閉じて死んでいくミシェルは、この上なくカッコいい!!
そして、『“最低”って、何の事?』とつぶやくパトリシア。彼女は彼を愛しているのになぜ密告したのか?愛しているからこそ?それとも彼の愛を確かめたかったのか・・・?

原題の『A Bout De Souffle』(日本語で『くたばっちまえ!』的な意味)という言葉に、こんな素敵な邦題をつけたのもスゴい!


この映画で、若きベルモンドの男臭さ、そしてゴダールの世界を満喫してはいかがでしょうか?



自由で束縛のない愛を愉しむ二人だが・・・。




同じカテゴリー(映画)の記事画像
スピルバーグ作品、究極の選択!
レディの登竜門♪
サラリーマンの“虎の巻”!?
ジューン・ブライドの季節です
ガールズムービーの火付け役
世界禁煙デーにちなんで!?
同じカテゴリー(映画)の記事
 スピルバーグ作品、究極の選択! (2009-07-20 20:21)
 レディの登竜門♪ (2009-06-24 20:44)
 サラリーマンの“虎の巻”!? (2009-06-21 19:16)
 ジューン・ブライドの季節です (2009-06-02 22:23)
 ガールズムービーの火付け役 (2009-06-01 21:49)
 世界禁煙デーにちなんで!? (2009-05-31 20:11)

Posted by つきピン at 23:27 │映画