2009年05月17日

ミス・ミステリーレディ

グレタ・ガルボ・・・近寄り難い美貌を持つ、ミス・ミステリーレディ。


本名:グレタ・ロヴィッサ・グスタフソン

1905年9月18日生まれ


スウェーデン・ストックホルム出身。病気の父に代わり、早くから理髪店やデパートの売り子として働く。後にモデルやCMに出演したのがきっかけとなり、端役で映画デビュー。モーリス・スティルレルに見出され、このスウェーデンの名監督とともにハリウッドへ。英語が苦手なこともあり、映画会社M・G・Mは起用を渋ったが、スティルレル監督の強い要望で正式入社を果たす。芸名を定番のダブルネーム『グレタ・ガルボ(GG)』とし、エキゾチックな魅力を武器に売り出された。


◆代表作品◆
『イバニエスの激流』
『肉体と悪魔』
『アンナ・クリスティ』
『グランド・ホテル』
『ニノチカ』








『イバニエスの激流('26・米)』で、いきなりスターに。この頃周囲は、彼女がこれほどまでに偉大な女優になるとは予想もしていなかったと言う。
その後、『肉体と悪魔('27・米)』での神秘的な悪女や、『アンナ・クリスティ('30・米)』の酒びたりの女など、硬質な色気を持ち味とした役どころを得意とした。















M・G・Mの権力者、ルイス・B・メイヤーによるガルボ評は、『歯並びが悪く、脚が太い』。これを当の本人はどんな気持ちで受け止めたのだろう。
アメリカの美容スペシャリストたちの手によってダイヤモンドの如く磨き抜かれたガルボ。そのクールで魅惑的なキャラクターは、いわば“創り上げられた美”であった。














日本でも『ガルボ帝国』なる言葉を生むほどの人気ぶり。その美貌は、『スウェーデンのスフィンクス』と称された。
神秘的で近寄り難い美しさがウリの彼女だが、実はメイクも毛皮もドレスも香水もダイヤも苦手で、『少年たちとのキャッチボールと、アイスクリームのコーンをかじる時が最も楽しい』と笑って答えるナチュラルな女性だった。


















多くの男性と浮名を流すも、生涯独身を通したガルボ。その私生活は、謎に包まれていた。
そして36歳、突然の引退。
その後もショービジネス界から数々の申し出があったが、一切顔を出すことなく、1990年、肝不全でこの世を去った。




同じカテゴリー(女優)の記事画像
レッドヘアのセックスシンボル
元祖“クールビューティー”
同じカテゴリー(女優)の記事
 レッドヘアのセックスシンボル (2009-05-14 20:30)
 元祖“クールビューティー” (2008-08-26 20:45)

Posted by つきピン at 15:19 │女優